タバコのメリットの幻想

勘違い!"タバコを吸うとリラックスできる"は嘘。だって心拍数上がってない?

タバコを吸うとリラックスできるというのは嘘!

みなみ君
「タバコの幻想」シリーズも5回目っすねえ!

前回の記事はこちらです。

"タバコが集中力を高める"は大ウソ!逆にニコチンの禁断症状で集中力を奪う

続きを見る

禁煙マスター
今回のテーマは、「タバコとリラックスについて」だ。
みなみ君
もちろん僕はリラックスしたいときにタバコを吸ってるんすけど…このシリーズで取り扱ってるってことは否定される流れっすよね…?
禁煙マスター
その通りだ!「タバコでリラックスできる」は幻想だ!
みなみ君
やっぱりっすか…!

喫煙者は、タバコとリラックスはセットのように考えているはずです。「タバコ休憩」というのもそれです。タバコで休憩するわけですからね。

しかし!タバコにリラックス効果はありません。むしろ疲れを溜めるだけ。

今回はタバコとリラックスについて解説していきましょう。

チャンピックスを通販で入手する方法を知りたい方はこちらを参考に!

「タバコを吸うとリラックスできる」はウソ!

タバコを吸うと心拍数が上がるのでリラックスできていない

タバコを吸うとリラックスできるというのはウソ、なわけですが、なぜかというと…

みなみ君
なんでっすか!?いまいち信じれないんすよねえ…
禁煙マスター
そんなお前に質問だ。タバコを吸うと、心拍数は上がるか?下がるか?
みなみ君
難しい話っすね…うーん…目が覚める感じがあるから、心拍数は上がる!っすかね?
禁煙マスター
正解だ!
みなみ君
やった!当たったっす!………あれ???
禁煙マスター
そうだ。心拍数が上がった状態がリラックスなのか?
みなみ君
あれ?あれれれ???

リラックスできるはずのタバコは心拍数を上げます。

これは、タバコに含まれているニコチンが神経系に作用する化学薬物だからです。

ニコチンは神経に働きかけて覚醒させます。そのため、タバコを吸うと心拍数が上がるわけですね。

みなみ君
リラックスというよりもドキドキしちゃってるっすねえ…
禁煙マスター
そうだ。冷静に考えれば、タバコでリラックスはできてないんだよ。

「タバコを吸うとリラックスできる」と思うのはなぜ?

では、なぜ「タバコを吸うとリラックスできる」という感覚があるのか!

みなみ君
あ!いつものパターンっすね!?
禁煙マスター
そうだ。答えはニコチンの禁断症状だな。

「タバコの幻想」シリーズを最初から読んでいただいている方はお分かりでしょうが、しっかりと頭に入れてほしいので復習です。

タバコを吸いたいという気持ちの仕組みは以下の通り。

「タバコを吸いたい」という気持ちの仕組み

タバコを吸う→禁断症状「タバコ吸いたいな~」→タバコを吸う→禁断症状「タバコ吸いたいな~」…

→無限ループ

この流れが無限ループで繰り返されます。

タバコを吸うことで、一時的に禁断症状が緩和されます。そのときに不安感や焦燥感がなくなります。喫煙者はそれをリラックスだと思うわけですね。

禁煙マスター
禁断症状が緩和されただけだが、タバコによるリラックス効果だと勘違いしてしまうんだな。
みなみ君
なるほど…

もちろんですが、禁断症状を緩和していないとき(タバコを吸っていないとき)は、タバコを吸いたいという禁断症状が発生しているので、喫煙者はリラックスできていません。

みなみ君
たしかにタバコが吸えない場所だとリラックスできないっすねえ…
禁煙マスター
勘違いしないでほしいのは、禁断症状を緩和してる行動をリラックスと勘違いしてるってことだ。
みなみ君
そっか…心拍数は上がってるんすもんね‥‥

実はリラックスできない喫煙者

いつでもどこでもタバコのことを考えてしまう喫煙者はタバコの奴隷

というわけで、実は喫煙者はリラックスとは程遠い精神状態にあります。

デートをしているときも、大事なプレゼンの最中も、子供やペットと遊んでいるときも、油断するとタバコが頭をよぎります。

  • 「喫煙所ないかな…」
  • 「これが終わったらタバコだ」
  • 「どのタイミングで吸ったら変に思われないだろうか…」
みなみ君
おおう…!身に覚えがあるっす…!
禁煙マスター
喫煙者は、いつでもどこでもタバコのことを考えてしまう。これは喫煙者が悪いんじゃなくて、ニコチンに脳が支配されてしまっているからだ。

それくらいニコチンというのは恐ろしい薬物なんですねえ。。。

リラックスとは程遠いタバコの連鎖

喫煙者がリラックスできていると思っているのは、タバコを吸っている時間のみです。

タバコを吸っている時間は、禁断症状を緩和している状態なのでリラックスできていると思い込めます。

しかしタバコを消した瞬間から、ニコチンの減少が始まります。30分後にはニコチンは50%まで減少し、次のタバコを求めてしまいます。

禁煙マスター
この連鎖がずっと続くのが、喫煙っていう行為だ。
みなみ君
そう言われると…めっちゃ怖いっすね…

しかし、人によっては喫煙中もリラックスできていません。

その理由は…

  • 「周りに臭いと思われていないかな…」
  • 「受動喫煙を気にしている人に睨まれないだろうか…」
  • 「あと3本しかない…買わなきゃ…」
  • 「今日は吸い過ぎてるな…」

などなど。

タバコのマイナス面を考え出すと、リラックスとは程遠い精神状態になってしまいます。

みなみ君
うおおお!!これも身に覚えがありまくりっす!!
禁煙マスター
こんな感じで、喫煙中もリラックスできるとは限らないのがタバコなんだよなあ…

まとめ

タバコを吸ってもリラックスできない!いますぐ禁煙!

今回の内容をまとめておきます。

  • タバコを吸うと心拍数が上がる
  • 「禁断症状緩和=リラックス」だという勘違い
  • 喫煙中はリラックスできていると思い込む
  • 喫煙中でもリラックスできないこともある

というわけで、タバコでリラックスすることはできません!禁断症状を緩和しているだけ!

では、今回はここまでです!

次回は、実はタバコのコストはとんでもないというお話です。喫煙者は一生でどれくらいのお金を無駄にしているのか解説しています。

一生でタバコに使うお金は1000万超え!タバコのコスト計算したらヤバかった…

続きを見る

-タバコのメリットの幻想

Copyright© Mr.リスク君 , 2020 All Rights Reserved.